卵もいろいろ試します。お取り寄せ一発目は「小岩井農場」。ここを食べ比べの基準点とします。


第297食目:【小岩井農場】たまご10個入り

税込810円

送料別

冷蔵

岩手県

通年


●お取り寄せ先:小岩井農場(岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1)

みなさんご存知でしょう。

小岩井農場は、東京都に本社を置く小岩井農牧株式会社(こいわいのうぼく)が所有する、岩手県岩手郡雫石町にある日本最大の民間総合農場である。
岩手県盛岡市から北西約12kmに位置し岩手山南麓に約3,000ヘクタール(ha; 900万坪)の広大な敷地面積を有し、その敷地の3分の2は雫石町、残り3分の1は滝沢市に属する。約3,000ヘクタールとは、東京都23区の中央区と港区を大凡合わせた大きさである。東京ドームで例えると約640個分に相当する。
引用元:「小岩井農場」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年11月3日 (金) 13:49 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

規模が大きく関連会社がたくさんあります。
全国各地のスーパーやデパートの店頭に並ぶ小岩井ブランドの牛乳・乳飲料などは「小岩井乳業株式会社」で現在はキリンホールディングスの直接事業子会社。
今回お取り寄せした「小岩井農場商品株式会社」で事業内容は以下の通り。

①小岩井農場たまごの販売
②小岩井農場産の素材を活用した菓子類の製造・販売
③乳製品の販売
④小岩井農場産の農林畜産物を活用した食品の加工・販売
⑤料理飲食喫茶業務、弁当仕出し業務
⑥販売・物流に関する業務

会社の紹介はこれくらいにして、お取り寄せした「小岩井農場たまご」を詳しく紹介していきます。

小岩井農場からお取り寄せした卵が入っていたい箱
こちらの箱に入って届きました。

小岩井農場たまご10個入りのパックとリーフレット、お取り寄せ卵、卵通販
箱の中身を取り出しました。
大牧場なだけあって立派なパッケージです。

透明ケースに入った10個の小岩井農場たまごとパックとリーフレット、お取り寄せ卵、卵通販
透明ケースに入った10個の卵。
割れずに届きました。


ここで小岩井農場の「たまご」について確認しておきましょう。

●小岩井農場たまごの特徴について(商品ページ及びパッケージより引用)

小岩井農場生まれの新鮮なたまご。
弾力のある黄身は、すこやかな鶏から生まれた証です。
まずは、そのまま”たまかけご飯”で。
たまご本来のシンプルな味わいは、おいしさもひと味違います。
《飼い方》
岩手山のすそ野に広がる緑豊かな小岩井農場。雄と雌が小岩井農場独自のテラス付き鶏舎で自由に動きまわるくらしをしています。
《エサ》
動物性原料を使用せず、植物性原料で配合されたエサを給与しています。


ここからは届いた卵の状態をじっくり確認してみましょう。

お取り寄せした小岩井農場たまご10個、パックに入った10個の卵
卵はとってもきれいに洗浄されています。
もうピッカピカ。
殻の衛生面が気になる方にとってはポイント高いでしょう。

小岩井農場の卵を皿の上で割る
割ってみました。
黄身の色は濃いめのイエロー。
たまご1個あたりの重量は52g(MSサイズ)~76g(LLサイズ)未満です。

皿の上に乗った小岩井農場の生卵
白身は2層に分かれていますね。
立体感のある内側と水っぽい外側。
いつもはそのまま焼くだけですが、外側を取り除くときれいというネット記事を見つけたので実践してみることにします。
目玉焼きの仕上がりがどう違うのか、2つのパターンで焼いてみました。

staubのフライパンで目玉焼きを作る、小岩井農場卵の目玉焼き
まずは割った卵をそのまま焼くパターン。
カラザと呼ばれる白い部分も取り除きません。
フライパンに投入してすぐの画像ですが、外側にはすでに火が通っています。

staubのフライパンで目玉焼きを作る、小岩井農場卵の目玉焼き
黄身を除いた部分に火が通る頃には外側はこんがり。
気泡も入って見た目の美しさはありませんね。

フライパンに小岩井農場の生卵を入れる
今度は白身の外側の部分とカラザを取り除いて焼くパターンです。

フライパンの上の小岩井農場たまごの生卵、フライパンで目玉焼きを作る
ちょっと高めの位置から落としてしまい、白身が飛び散りました。

小岩井農場たまごの目玉焼き、フライパンで目玉焼きを作る
でも大丈夫。
黄身が割れるようなことはありません。

フタをしたフライパン
フタをして仕上げます。

小岩井農場たまごの目玉焼き、フライパンで目玉焼きを作る
ふっくらとしたプルップルの目玉焼きができました。
これは良いですね。


ここからは実食レポートです。

小岩井農場卵の目玉焼き・ベーコン・レタス・トマト
ベーコン・レタス・トマトと一緒に皿に盛り付け。

小岩井農場卵の目玉焼き・ベーコン・レタス・トマト
黄身の盛り上がりがすごい。

小岩井農場卵の目玉焼きをナイフでカット、目玉焼き・ベーコン
ナイフでカット。
黄身はとろ〜り良い感じです。
プルっとした白身の食感、濃厚な黄身の味わい、ベーコンの塩気と旨み。
美味です。


そしてこれです。
卵かけご飯。
炊きたてホッカホカのご飯の上に黄身を乗せ、


箸で割って、


たまごかけご飯用の醤油をかけます。
これはかなりうまい。
ご飯一膳に黄身3つ乗せて一気に食べました。
スーパーで適当に買った醤油、思いのほか良かった。

小岩井農場さんの「たまご」、ごちそうさまでした。
見た目・サイズ・味ともに申し分なし。
1パック10個入り税込810円という価格をどう捉えるかですが、個人的にはあまり高く感じませんでした。
良い商品だと思います。


【食通きどりレビュー】
美味しさ|★★★☆☆
コストパフォーマンス|★★★☆☆
見た目|★★★☆☆
パッケージ|★★★★☆
意外性|★★★☆☆
ギフトにぴったり|★★★☆☆
リピート可能性|★★★☆☆
書き手の熱量|★★★☆☆
総合評価|★★★☆☆


小岩井農場(岩手県)の「たまご10個入り」

飼い方やエサにこだわった卵。出荷日に採卵したものが送られてくるので鮮度抜群。