ご飯のおかずや酒のつまみに「塩昆布」。上品な甘辛味、肉厚昆布の柔らかな歯ごたえ。山椒も良い感じです。


第289食目:【神宗】塩昆布100g

税込864円

送料別

常温

大阪府

通年


●お取り寄せ先:【神宗(かんそう)】(大阪市中央区高麗橋3-4-1)

神宗の歩みは、天明元年(1781年)、初代・神嵜屋宗兵衛が大坂・靭(うつぼ)に海産物問屋(三町問屋)を構えたことから始まりました。
屋号は店主の「神」嵜屋「宗」兵衛から「神宗」と称しております。
いま皆様にご愛顧いただいております品々の原型が創り出されたのは、その後、嘉永年間 に京町堀(元ざこば)へ移った頃。以来、海産物問屋として鍛え上げた材料を選ぶ眼と極め尽くした技、品質への妥協を許さない高い心意気を連綿と伝え継いでまいりました。
北海道道南産の天然真昆布だけを使い、独自の加工法を用いた塩昆布をはじめ、鰹昆布、ちりめん山椒、鰹田麩などいずれも、品質と味覚の向上に日々精進を重ね、いつも一番おいしい味をお客様にお届けしております。

《第282食目:ちりめん山椒》に続いて、神宗(かんそう)さんの商品をご紹介。
今回は「塩昆布」です。

クリアパックに入った神宗の塩昆布100gのパッケージ、お取り寄せ塩昆布、通販
届いた「塩昆布100g」のパッケージがこちら。
クリアパックに入っています。

平成18年(2006年)、衛生面と外から賞味期限が見えるよう単品商品をクリアパックに入れています。

神宗の塩昆布100gのパッケージ
パックから取り出した状態です。


ここで「塩昆布」の特徴について確認しておきましょう。

●神宗の「塩昆布」について(商品ページより)

北海道白口浜産天然真昆布の最も旨みのある肉厚な部分だけを使用し、山椒の香りもほのかに、上品な甘さと天然素材が持つ自然の旨みを引き出した昆布の佃煮です。

●原材料

しょうゆ、砂糖、天然真昆布、山椒、清酒、醸造酢、鰹節、煮干


ここからは「塩昆布」の状態確認と実食レポート。

小鉢に盛り付けた神宗の塩昆布100g
小鉢に盛り付けました。
袋を開けた瞬間にふわっとかおる甘辛の良いにおい。
厚みのある昆布、大ぶりな山椒の実。

小鉢の中にこんもりと盛った塩昆布に花穂紫蘇を乗せて
彩りとして花穂紫蘇を乗っけてみました。

ご飯と塩昆布
炊きたてのご飯を準備して、

ご飯の上に乗った塩昆布、塩昆布をご飯のおかずに
いただきます。

このひと切れで茶碗に半分のご飯がいけます。
柔らかくて程よい弾力のある肉厚の昆布。
噛むたびに出汁のきいた上品な甘辛味が出てきます。
そして加わる山椒の刺激。
天然素材のみで作っているだけに飲み込んでからの後味が非常に良い。
でも後を引く爽やかなしびれ。
どうしてもご飯が食べたくなっちゃう。

神宗さんの「塩昆布」、ごちそうさまでした。
ご飯のおかずとしてはもちろん、日本酒のおつまみにも良いですよ。
お弁当にひと切れ入ってるとだけでも嬉しいし、おにぎりの具としてもおすすめです。


【食通きどりレビュー】
美味しさ|★★★★☆
コストパフォーマンス|★★★★☆
見た目|★★★☆☆
パッケージ|★★★★☆
意外性|★★★☆☆
ギフトにぴったり|★★★★☆
リピート可能性|★★★★☆
書き手の熱量|★★★☆☆
総合評価|★★★★☆


神宗(大阪府)の「塩昆布」

北海道白口浜産天然真昆布の最も旨みのある肉厚な部分だけを使用し、山椒の香りもほのかに、上品な甘さと天然素材が持つ自然の旨みを引き出した昆布の佃煮です。