今年74の商品を取り寄せた中で、今のところ満足度No1!。「ほろほろ鳥」たっぷりの鍋料理。


《第74食目》
「ほろほろ鳥鍋セット(税込4,000円・送料別)」
美味しさ・コスパ・パッケージ、その他すべて高いレベルで素晴らしい。

お取り寄せ先の紹介です。
⇒有限会社石黒農場(岩手県花巻市)
ホロホロ鳥の専門農場です。

「ホロホロチョウ」とは、

キジ目ホロホロチョウ科ホロホロチョウ属に分類される鳥。
全長53cm。胴体は黒い羽毛に覆われ白い斑点が入る。頭部に羽毛はなく、ケラチン質に覆われた骨質の突起がある。また咽頭部には赤や青の肉垂がある。雌雄はよく似ているが、肉垂と頭部の突起は雄の方が大きい。
日本国内でも飼育を試みる研究機関・農家が和歌山県や岩手県の牧場など、数地点存在する。しかし、繁殖には熱帯的な夏季の気候を要し、独特の鳴き声やショックに弱いことなどから、現時点では広い敷地が必要などの特性がある。(Wikipediaより)

飼育が難しい鳥なんですね。
そんな鳥を石黒農園では、

湧き出る温泉を利用して床暖房を敷き、試行錯誤の末ほろほろ鳥の飼育に成功。日本で唯一のほろほろ鳥の専用農家として、全国にほろほろ鳥をお届けしています。

とのこと。

早速、商品を見ていきましょう。

この箱に入って届きました。

セット内容を確認しておきましょう。

・ガラスープ500g × 2袋・コラーゲンキューブ 120g・金油 30g・生肉スライス 300g・生手羽 6本

自前で用意した野菜を準備し、皿に盛り付け。
この写真、ガラスープのみ写っていません。

ほろほろ鳥をアップで。
肌の色は少し黒いです。

スープ類の説明もしておきましょう。
こちらが「ほろほろ鳥ガラスープ」。

調味料などを一切使用せず、ほろほろ鳥と水だけをじっくり煮込んで作った完全無添加スープ。臭みの無いほろほろ鳥だからこそ作ることができる。濃厚な味わい。お好みでいろいろな味付けができる。

これは、「コラーゲンキューブ」です。

原材料:鶏ガラ(ホロホロ鳥)。ほろほろ鳥にたくさん含まれている良質なコラーゲンを抽出し、キューブ状にしたもの(写真は溶けた状態)。熱々のスープに溶かして食べる。

きれいな黄金色の「金油」。

原材料:鳥油(ホロホロ鳥)。油本来が持つ甘み・旨み・香りを感じられるように余計なものは一切使用せずに油だけを取り出したもの。炒め物など幅広い料理でも使える。

調理手順も親切にパンフレットに書かれています。

最初はガラスープだけで調理。
お好みで塩や醤油、その他調味料で味を調えます。
何も入れなければ「水炊き」ですので、ポン酢につけて食べればOK。

水炊きは《第53食目》で食べたので、
沖縄の海塩「ぬちまーす」をほんの少しだけ投入しました。

スープは何も入れずとも、非常に美味しいので、調味料の入れ過ぎには注意してください。

ガラスープを味わったら、次に「コラーゲンキューブ」を投入。
プルップルです。
お肌に良さそうですね!

そして、最後に「金油」。
こうすることで、3段階の味の変化を楽しむことができますよ。

お肉もいってみましょう。
これは脂身があるので、モモ肉ですね。
歯ごたえがあって、味が濃い。
脂もうまいですね。
臭いもないし、とても食べやすい肉と言えます。

こちらはムネ肉ですね。
モモに比べ淡白ですが、味はしっかりとあります。
加熱しすぎると固くなるので、注意。

手羽元ですね。
肉のボリュームがあって、食べ応えあり。
柔らかさがありますね。

最後は、手羽先。
肉は少なく、脂が多め。
コラーゲンたっぷりな部位です。
食べたあとは、口のまわりがベットベトになりますよ。

コラーゲンキューブと金油を入れ、ほろほろ鳥と野菜の旨みが詰まったスープ。
これは本当にうまいです。
ゴクゴク飲める優しい味わい。

鍋の〆はラーメンで。
もちろん、完食・完飲です。

ヨーロッパでは「食鳥の女王」とも呼ばれるほろほろ鳥。
しかも、希少な国産のもの。
肉のボリュームたっぷりで、複数の味が楽しめる。
これだけのセットが税込4,000円ですから、割安だと思います。
ギフトにもおすすめ。

当然、評価は高くなりますね。

【食通きどりレビュー】
美味しさ|★★★★★
コストパフォーマンス|★★★★★
見た目|★★★★☆
パッケージ|★★★★☆
意外性|★★★★☆
ギフトにぴったり|★★★★★
リピート可能性|★★★★★
書き手の熱量|★★★★★
総合評価|★★★★★

■購入はこちら
ほろほろ鳥鍋セット(オフィシャルサイト)