黒豚ロールステーキをお取り寄せ。1mmスライスの豚肉を60巻。食感は確かに良いが冷静に考えると高い。


第273食目:【うまかもんさつま】国産黒豚ロールステーキ

税込3,218円

送料込み

冷凍

福岡県

通年


●お取り寄せ先:株式会社さつま屋産業(福岡県北九州市八幡西区穴生1-5-26)

肉の卸売会社さつま屋産業。自社牧場から一貫しての肉の販売を行っております。

工場直営の直売店のほかに、「うまかもんさつま」の屋号でネットショップ(楽天)を運営しています。
店名から鹿児島県のお店だと思っていましたが、届いた商品をよく見ると福岡県でした。
そんな「さつま屋産業(うまかもんさつま)」さんでは以下のように様々な銘柄牛・豚を取り扱いしているようです。

宮下牧場「薩摩和牛」/井上牧場「朝倉牛」/上田畜産(北海道)「北華牛」/鹿児島黒牛/熊本あか牛「阿蘇のあか牛」/宮崎牛/佐賀牛/ながさき牛/豊後牛/宮崎県産「みつば牛」/鹿児島県産「種子島安納黒豚」/鹿児島県産「舞桜豚」/熊本県産「あそび豚」/鹿児島県産「桜島鶏」

これらの牛・豚はまた別の機会があれば取り上げることにして、購入した「国産黒豚ロールステーキ」を紹介していきます。

うまかもんさつまから届いた国産黒豚ロールステーキ4袋とリーフレット
届いた商品がこちら。
ロールステーキ2枚入りが4袋に、食べ方などが記載されたリーフレット。

うまかもんさつまの国産黒豚ロールステーキ2つ、皿に乗った2枚の国産黒豚ロールステーキ
軽く解凍して袋から取り出した状態です。
直径は約7.5cm、高さ(厚み)は1.5cmほど。
重さは1つあたり60g。


ここで「国産黒豚ロールステーキ」の特徴について確認しておきましょう。

●うまかもんさつまの「国産黒豚ロールステーキ」(商品ページより)

添加物、保存料など一切不使用。原材料豚肉のみ。
安心・安全の国産黒豚のみを使用。1mm以下にスライスした豚肉を約60層に巻きました。このきっちりとした巻きが黒豚のうまみと肉汁を閉じ込めます。

●産地

国産豚(今回届いた商品は鹿児島産でした)


ここからは「国産黒豚ロールステーキ」の調理工程です。

フライパン返しに乗せた焼く前の黒豚ロールステーキ
完全に解凍すると型が崩れてしまうので、冷凍ままか半解凍状態で焼くのがおすすめです。

油を引いた鉄フライパンの上に並べた2枚の黒豚ロールステーキ
熱したフライパンに油を引いて焼きます。

蓋をした鉄フライパン
蓋をして中まで火が通るように蒸し焼きに。

鉄フライパンの上でこんがりと焼きあがった2枚の黒豚ロールステーキ
焼き上がりました。

鉄フライパンの上でこんがりと焼きあがった2枚の黒豚ロールステーキ
巻かれた肉の内側からもたっぷりの脂が出てきます。
フライパンに引く油は少なめが良いでしょう。


ここからは実食レポート。

こんがりと焼けた黒豚ロールステーキ2枚・レタス・ミニトマト
レタスやミニトマトと一緒に皿に盛り付け。


ナイフでカットします。


それではいただきます。

何枚もの豚肉を一度に噛み切る食感の良さ、それがこのロールステーキのポイントでしょう。
ただこの食感は凍けきらない豚バラ肉を塊のまま加熱したときのものと大差ありません。
厚みや巻き方に違いはあるので、単純には比較できませんが。
お肉の味はさすが鹿児島産黒豚、良いです。

1つ60gのステーキが8つ(計480g)入って3,218円(税・送料込み)。
送料除いてざっくり計算すると1kg4,000-5,000円くらいでしょうか。
かなり高級な豚肉ですね。

うまかもんさつま(さつま屋産業)さんの「国産黒豚ロールステーキ」、ごちそうさまでした。
冷静になって計算すると高く感じてしまいました。
でもお肉自体の味は良く、調理も簡単。
冷凍庫にあると便利なおかずです。


【食通きどりレビュー】
美味しさ|★★★☆☆
コストパフォーマンス|★★☆☆☆
見た目|★★★☆☆
パッケージ|★★★☆☆
意外性|★★☆☆☆
ギフトにぴったり|★★☆☆☆
リピート可能性|★★☆☆☆
書き手の熱量|★★☆☆☆
総合評価|★★☆☆☆