第305食目:極うなぎ蒲焼き+肝焼き 【通販サイト:うなぎ屋たむろ/岐阜県】をお取り寄せ。


●商品名:岐阜鰻たむろ極1尾+肝焼き1袋
●通販サイト:うなぎ屋たむろ(岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-164)
●価格:税込4,980円/送料別
●配送温度帯:冷凍
●販売期間:通年

お取り寄せ先を紹介します。

●お取り寄せ先:うなぎ屋たむろ(岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-164)

うなぎ蒲焼お取り寄せ販売(通販)の「うなぎ屋たむろ」です☆ 岐阜・愛知の行列ができる大人気うなぎ屋さん「たむろ」が、国産の美味しいうなぎを皆様の食卓へお届けしたく、この度ネット通販を開始しました。

岐阜県及び愛知県内に計3店舗を構えるうなぎ屋たむろさん。
こちらから「特大うなぎの蒲焼」をお取り寄せ。

届いた商品のパッケージや同梱資料を確認しておきましょう。

うなぎ屋たむろからお取り寄せしたうなぎ蒲焼が入っている化粧箱
商品はこの箱に入って届きました。
外装箱がないので、送り状を剥がした跡が白くなっています。

化粧箱の中に入ったうなぎ屋たむろのうなぎ蒲焼と肝1袋、通販うなぎの蒲焼
箱のふたを開けてみました。

うなぎ屋たむろからお取り寄せした特大サイズのうなぎ蒲焼き「岐阜鰻たむろ極 横綱1尾(2人前)+なぎ肝焼き1袋」をテーブルに並べる、お取り寄せ鰻、お取り寄せうなぎ蒲焼、通販鰻の蒲焼き
今回お取り寄せしたのは特大サイズのうなぎ蒲焼き「岐阜鰻たむろ極 横綱1尾(2人前)+なぎ肝焼き1袋」
セット内容は以下の通りです。

●岐阜鰻たむろ極 横綱1尾(2人前)(特大うなぎ蒲焼き)
●特製うなぎタレ(20ml)×2袋
●特製山椒×2袋
●特選わさび×2袋
●肝焼き(タレ味)1袋(肝約5個入)

商品紹介や食べ方のレシピが記載されたパンフレットも同梱されています。

商品のこだわりや原材料を確認しておきましょう。

うなぎ屋たむろの「極うなぎ蒲焼き」の特徴について(商品ページより抜粋)

通常の岐阜鰻たむろ極よりも、更に大きい特大うなぎ蒲焼き「横綱」。
1尾で約2人前以上のボリュームが人気を呼び、多くのリピート注文を頂いております。
「岐阜鰻たむろ極 横綱」の人気の秘密は、お店でお客様に召し上がっていただいている「うなぎ蒲焼」と、同じ調理方法、同じ焼き方で製造しているところにあります。
熟練した職人の手により一尾、一尾、丁寧に捌かれ、紀州備長炭の強力な炭火により、すべて手作業で焼かれております。
また、たむろ独自の技術を使用した、餌や、水温・水質の管理方法により、自社で養殖も行っております。
そして、長年の研究を重ねた結果、お店の美味しさをそのままで、皆様へお届けすることが可能となった「岐阜鰻たむろ極」が完成致しました。

原材料

【うなぎ蒲焼】うなぎ(国産)、うなぎのたれ、みりん風調味料、こいくちしょうゆ、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に小麦・大豆を含む)
【特製うなぎタレ】しょうゆ、砂糖、清酒、黒蜜糖、澱粉
【うなぎの肝焼き】うなぎの肝(国産)、うなぎのたれ、みりん風調味料、こいくちしょうゆ、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に小麦・大豆を含む)
【わさび】本わさび、西洋わさび、からし、植物繊維、植物油脂
【山椒】飛騨山椒

ここから調理に入ります。

個包装になったうなぎ屋たむろの特大サイズうなぎ蒲焼2つ、岐阜鰻たむろ極 横綱1尾(2人前)のパッケージ
うなぎ1尾を2つに分けて個包装。

真空パックに入った冷凍状態のうなぎ屋たむろのうなぎ蒲焼き(横綱)
袋の中からは真空パックに入った大きな蒲焼が出てきました。
これを冷凍のまま、湯煎で調理します。
→熱湯で約10分。

うな重箱に敷き詰めた炊きたてのご飯、重箱に入ったご飯と箸
重箱に炊きたてのご飯を詰めて、

うな重箱に敷き詰めた炊きたてご飯にうなぎ蒲焼のタレをかける、うなぎ屋たむろのうな丼のタレをご飯にかける
特製うなぎタレかけます。

うな重箱に敷き詰めた炊きたてご飯の上にうなぎ屋たむろの特大うなぎ蒲焼を乗せる
湯煎した「うなぎ蒲焼」を乗せます。

うな重箱に盛り付けたうなぎ屋たむろの特大うなぎ蒲焼(横綱)、うな重
他店の「特大サイズ」に比べると少し小さめでしょうか。
《カテゴリー:うなぎ》(食通きどり)
それでも十分に大きいですが。

うな重・うなぎの肝焼き・わさび、うなぎ屋たむろの特大うなぎ蒲焼にタレをかける
「うなぎの肝焼き」「わさび」も小皿に準備。
木の芽(山椒の新芽)をあしらって、残りの特製タレをかけて完成です。
画像からわかると思いますが、このタレは粘度がかなり高くてびっくりしました。

しょうゆ、砂糖、清酒、黒蜜糖、澱粉

うなぎ蒲焼を伝ってご飯にスッと落ちていくイメージでかけましたが、なんとそのまま止まります。
かけ過ぎでしょうか。

「極うなぎ蒲焼き」の実食レポート。

うなぎ屋たむろの特大ウナギ蒲焼を箸でつまむ
表面です。
身は箸でサクッと切ることができます。
タレの照りが良いですね。
美味しそうです。

鰻蒲焼きの皮側を見せて箸でつまむ、炭火でパリッと焼かれたうなぎ蒲焼の皮
紀州備長炭でパリッと焼かれた皮。
香ばしいかおりが漂います。

うなぎ屋たむろのウナギ蒲焼きの断面、ふっくらと肉厚なうなぎ蒲焼
断面はこんな感じ。
肉厚でふっくら。

ひと口大のご飯とうなぎ蒲焼を箸で持ち上げる、鰻の蒲焼とご飯
それではいただきます。

表面がしっかりと焼かれているので、外側はさっくりと歯切れが良い。
逆に中はふわっと柔らかく、脂もあってジューシー。
この食感の対比は良いですね。
かなり好みです。

蒲焼には味がしっかりとついているので、特製タレをかけなくてもそれだけで美味。
焦げの苦味や香ばしさが食欲をそそります。

特製タレは口の中にまったりと広がり、甘みを強く感じます。
黒蜜糖のコクと甘み。
量がほどほどであれば良いでしょう。
でも、かけ過ぎちゃいました。

一口大にカットしたうなぎ屋たむろのうなぎ蒲焼にわさびを乗せる、鰻の蒲焼と練りわさび
そんな時に活躍するのが「わさび」です。
この食べ方はナイス。
わさびの辛味がアクセントになり、後味すっきり。
どんどん食べれられます。

「うなぎ肝焼き」の実食レポート。

うなぎ屋たむろの鰻の肝焼き、ウナギ肝焼き
それから「うなぎの肝焼き」
こちらも湯煎するだけの簡単調理で食べられます。

鰻の肝焼きを箸で持つ、箸でつまんだウナギの肝焼き
蒲焼と同じタレで炭火焼きした肝。
濃厚な味わい、クセになる苦味と香ばしさ。
お酒がすすみますよ。

「うなぎ屋たむろ」さんの「岐阜鰻たむろ極 横綱(特大サイズ)1尾+うなぎ肝焼き1袋」、ごちそうさまでした。
タレをかけ過ぎて狼狽しましたが、わさびと合わせてからの挽回がすごかった。
半身ずつ個包装されているので、ふたりで食べるも良し、ひとりで2回に分けて食べても良し。
タレをかけ、わさびをかけ、山椒をかけて。
食べ分けてみると「うなぎ蒲焼」の美味しさを再発見できるかもしれません。
おすすめします。

最後に点数をつけて評価。

【食通きどりレビュー】
美味しさ|★★★★☆
コストパフォーマンス|★★★☆☆
見た目|★★★★☆
パッケージ|★★★★☆
意外性|★★★★☆
ギフトにぴったり|★★★★☆
リピート可能性|★★★★☆
書き手の熱量|★★★★☆
総合評価|★★★★☆


●購入はこちら

うなぎ屋たむろ(岐阜県)の「極うなぎ蒲焼き1尾+うなぎ肝焼き1袋」

岐阜県にある人気店の炭火焼うなぎ蒲焼きと肝焼きを楽しめるお得なセット。


●動画で見るうなぎ屋たむろの「極うなぎ蒲焼き」