地鶏のお取り寄せ6羽目は大分県より「豊のしゃも」。長くて丸々とした太い首、この状態は初めて食べました。


《第198食目》
【川原驛】豊のしゃも一羽(税込5,880円・送料別)
※価格は重量により変動。

お取り寄せ先の紹介です。
有限会社川原驛[かわばるえき](大分県日田市天瀬町女子畑1787-1)

当店は、大分県特産地鶏「豊のしゃも」を、自社農場で放し飼いで飼育してます。
一般的に地鶏とは、「1㎡の面積に10羽以内で80日以上飼育する事」とありますが、自社農場では300㎡に200羽程度と広い面積に少量の鶏を150日程度飼育しています。
鶏が良く運動をしますので、ストレスがなく、身のしまった、上質の肉に仕上がっています。

「豊(とよ)のしゃも」は大分県の地鶏です。
商品ページに詳しく書かれていますので、確認してみましょう。

母方に「大型ロードアイランドレッド」と、「白色ロック13系統」の交配により作り出した、発育・産卵生がよく強健な「九州ロード」(二元母鶏)を用い、父方に鶏肉の中でもっとも美味しいとされる「しゃも」を用いて生まれた大分県特産の地鶏です。

・一般のブロイラー(若鶏)に比べ、3倍以上の期間をかけてじっくり飼養しています。
・平均的な出荷日齢は、150日から180日です。
・150日齢の目標体重は、雄4,250g、雌3,100gです。
・「旨み」と「コク」に優れ、過度な「歯ごたえ」があります。
・「旨み」成分であるイノシン酸含量も7.62μmol/gで食味試験においても高い評価が得られています。ちなみに、一般のブロイラー(若鶏)では、5μmol/g前後です。
(蓄産試験場調べ)

toyonoshamo-1-min
届いた状態がこちら。

toyonoshamo-2-min
中身を取り出しました。

これが「豊(とよ)のしゃも」一羽分です。
大きさには個体差がありますので、購入価格は重量(220円/100g)に応じて決まります。
今回は2.4kg分でしたので、220円×24=5,280円+ブロック加工費600円=5,880円。
→部位ごとにさばいて頂いたのでブロック加工費がかかります。丸鶏のままであればかからないようです。

toyonoshamo-3-min
部位ごとに分けてみました。
こうして見るとすごいボリュームです。

toyonoshamo-5-min
ムネ肉と手羽先。

toyonoshamo-4-min
モモ肉(左)とササミ(右)と上にある長いのが首(せせりと呼ばれる部分)です。

toyonoshamo-7-min
これだけ鮮度が良くて、

toyonoshamo-6-min
ボリュームたっぷり。
色んな料理で楽しんでみたいと思います。

toyonoshamo-8-min
まずはササミを「鶏わさ」で。

toyonoshamo-9-min
うまし。
柔らかく、歯切れよく、甘みあり。

toyonoshamo-16-min
地鶏のたたき。
こういった料理は鮮度が良くて出どころがしっかりしたものに限ります。

両面を強火で焼いて、冷蔵庫に入れるだけ。
簡単で抜群にうまい料理です。

toyonoshamo-17-min
こちらはモモ肉。
しっかりと弾力のある噛み応え。
鶏に旨みがあります。
厚めの皮と焦げの香ばしさ。
ほんと最高です。
うまい。

toyonoshamo-18-min
そしてムネ肉のたたき。
モモに比べると柔らかく優しい味わい。
これもうまい。

toyonoshamo-10-min
グリルパンで焼いていきます。

toyonoshamo-11-min
焦げ目が食欲をそそりますね。

toyonoshamo-13-min
もも肉。
モリッとしてます。
箸で押すだけで溢れ出る脂。
弾力ある食感、噛むほど出てくるジューシーな肉汁。
表面がバリッとした皮、厚みがあってうまい。

toyonoshamo-12-min
むね肉。
淡白ではあるものの、旨みは地鶏ならではのものがあります。

toyonoshamo-15-min
手羽先。
甘みのある脂で口の周りはベットベト。
肉ももちろんうまい。

toyonoshamo-14-min
そして、最後は長くて太い首の部分。
これは半分にカットした状態ですので、本来はこの倍の長さ。
焼き鳥屋で「せせり」として出てくる部位ですが、この見た目には驚きました。
普通は皮をはがした内側の肉のむき身部分だけのようですね。
とりあえず焼いてみたわけですが、これが意外に美味しい。
皮はパリッとなるまで焼くのがおすすめ。
厚みがあるので、鶏皮好きにはたまらないものがあります。
かぶりつくとジューシーで旨みと甘みのある脂がドバッと出てきます。
そして最後にたどり着いた肉。
鶏肉の中で一番美味しい部位と言われるだけあって、締まりある肉の食感が素晴らしい。
焼く以外の調理法だと「がめ煮(筑前煮)」にしても美味しいそうです。(お店に電話して聞きました)

川原驛さんの「豊のしゃも」、これだけ食べてまだ半分です。
新鮮で美味しくてこのボリューム。
けっこうお得だと思いますよ。
送料はかかりますがスーパーのブロイラーを食べるより、色んな調理法でがっちり地鶏を楽しむのは本当におすすめ。
首肉のように普段見かけない状態に出会えるのもお取り寄せならでは。
ギフトとしても喜ばれるでしょう。

【食通きどりレビュー】
美味しさ|★★★★☆
コストパフォーマンス|★★★★☆
見た目|★★★☆☆
パッケージ|★★★☆☆
意外性|★★★★★
ギフトにぴったり|★★★★☆
リピート可能性|★★★★☆
書き手の熱量|★★★★★
総合評価|★★★★☆

購入はこちら
豊のしゃも(オフィシャルサイト)
※メールフォームから問い合わせてください。到著希望日・ブロックか丸鶏かなど細かく伝えるとスムーズです。